スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category スポンサー広告
edit

3月6日の日記

この日は、両親は検診で総合病院に行っていて、家には私一人だけでした。
そして私は午前中は寝てました。

寝ているとヘリコプターの接近の音で目が覚めました。
そしてヘリコプターはさらに接近し私は胸が締め付けられる感じと、
恐怖心で震えていました。さらに接近したヘリコプターは爆音と
ともに接近し、家を通過する時に私の部屋の窓を振動させ通過して行きました。
時間は9時6分だと思います。

さらに5分位たった時、今度はセスナの様な飛行機が近づいてきました。
この飛行機も可也爆音で近づいて来ました。そして通過時のエンジン音で
私の頭が振動しました。その時も恐怖心がありました。

そして、暫くして玄関のチャイムの音が「ピンポン」と鳴りました。
私は直ぐ玄関のドアを開けました。しかし人は居ません。
私は、走って門先に行くと人が居ました。
そして私は何の様か聞くと、大福の訪問販売だと言います。
私は思いました、チャイムを鳴らしたのなら、もう少し玄関先で待っていれば良いのに
と思いました。

そして午後になって部屋に居ると外で物音がするなと思っていると、
またチャイムが鳴ります。私は直ぐに玄関に行くと、今度は外人の男が居ました。
話を聞くと庭にある鉄板や農機具が欲しいと言います。
それらは父の持ち物なので私には判断出来ないと伝えました。

その外人と暫し立ち話をしました。最近孤立している私は
久しぶりに他人と話が出来て嬉しくなりました。

この日は午前と午後では全然違う心境でした。
スポンサーサイト
category 未分類
comment

0

trackback

0

edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。